【髪型が決まらない!直毛のメンズがかけるべきパーマと理由】

0

    JUGEMテーマ:日々のおしゃれ

    どうもシミズです。

     

     

     

    「髪型が決まらない!直毛のメンズがかけるべきパーマと理由」

     

     

    について書いていこうと思います。

     

     

    一言で直毛と言っても柔らかい毛質や硬い毛質がありまが、

     

    今回は特にまとまりづらい硬い直毛の方に

     

    おススメのパーマご紹介しようと思います。

     

    見た目を変えることはもちろんですが、

      

    何よりもスタイリングを楽にする土台になるということが一番のメリットです。

     

     

     

     

    日本人の5割以上が直毛だと言われています。

     

    一見するとまとまりやすいストレートヘアで

     

    デメリットがないようにも思えますが

     

    硬い印象になってしまう上に

     

    髪質がしっかりしすぎていることが原因で、

     

    楽しめるヘアスタイルが制限されてしまう場合もあります。 

     

     

       硬い直毛の問題点として

     

          ・髪が広がる ボリュームが出る

      

          ・動きが出ない

     

          ・セットしずらい

     

                    大きくこの三つが上げられると思います。

     

     

     それらの問題を解決するいくつかのスタイルをご紹介します

     

     

     

     

      ピンパーマスタイル 

     

     

     

     

     

     

     

    人間の頭は左右非対称です。

     

    きれいな球体ではなく凹凸がありいびつな形をしています

     

    さらに骨格や生え癖でボリュームが出る場所や潰れる場所が出てきます。

     

    直毛、多毛の方は髪が直上に立ちやすいので、

     

    短くすればするほど骨格の形が大きく影響します。

     

     そこで効果的なのが

     

    短髪でも動きを出せるパーマのピンパーマです。

     

    普通のパーマで巻くとどうしても一定の動きになりがちですが

     

    骨格や毛流れにピンポイントで巻いていくので、ボリュームを出したいところ、

     

    抑えたいところ、細かい動きをランダムにつけることが出来き、 

     

    ボリューム出やすいところは根元のボリュームが出にくいように巻いたり、

     

    潰れてしまいやすいところは毛流れに逆らって巻いて起き上がらせたりと、

      

    骨格の補正をブロックごとに考えることが出来ます。

     

     

    そもそもピンパーマとはロッドではなく

     

    自分の指やピンに髪を巻きつけ

     

    根元でピンを使って固定します。

      

    そのため毛を巻く位置・角度・強さなどを自由に選んで

     

    自由自在に選ぶことが出来ます。

      

    ベリーショートの人でもかけることが出来るのがピンパーマの特徴で

     

    ロッドなどを使うよりも緩めのカールがかかり

     

    クセ感のある自然な動きを出せます。 

      

    抑えずらい部分も収まるので

      

    セットがかなり楽になるのもメリットです。

     

     

     

     

       

        ツイストパーマスタイル

     

     

     

     

     

    ツイストパーマとはピンパーマの技法の一種で

     

    ツイスト=ねじる」という意味通りのパーマです。
      

    このピンパーマをねじりながら巻いていくことで

     

    ツイストパーマになります。

     

    またツイストの強弱をコントロールできるので

     

    強さによってニュアンスを変えることが出来ます。

      

      

    今回の場合は硬い直毛で長さもあるので

     

    やや強めのツイストをかけました。

     

    全体のシルエットもパーマをかけた事で

     

    バランスよくコントロールでき、

     

    毛束1つ1つにパーマをかけているので

     

    細かく動きが出ます。

     

    さらに、ツイストパーマは基本

     

    何もスタイリング剤を付けなくてもOKです。

     

    整髪料をつければ立体的なスタイルにまとまります。

     

     

     

     

    写真のモデルは3ヶ月前に緩めのパーマをかけ

     

    そのまま伸ばした状態です。

     

    毛先のパーマは僅かに残っているものの

     

    根本が膨らんできて全体のシルエットも悪く見えてしまいます。

     

    この状態だとセットしてもすぐに膨らんでしまって

     

    なかなか決まらなくなっています。

      

    こういった場合、ツイストパーマをかけることで

     

    問題を解決できます。

     

     

     

     

     

      

     

     

        スパイラルパーマ

     

     

     

     

    スパイラルパーマとは

      

    髪の毛を「螺旋状」にロッドに

     

    巻き付けて作るパーマの事です。

     

    巻き付けるキツさにより

     

    緩やかなパーマになったり

     

    キツめのパーマになったりします。

     

    また髪の毛がショートなのかセミロングなのかで

     

    まったく違ったパーマに見えます。

     

    写真のモデルは直毛のセミロングで

     

    今後さらに伸ばしていきたいということだったので

     

    動きとシルエットのバランスを整えるために

     

    やや強めのスパイラルをかけました。

     

    直毛のままのばすと重たいシルエットになってしまうので

     

    伸ばしていきたい方には動きを出せる

      

    スパイラルパーマがおススメです。

     

     

     

     

     

    高円寺のメンズ専門美容室(BARBER)

     

    CHILLCHAIR シミズ シュウジ

     

    166-0003

    東京都杉並区高円寺南3-45-15

     

    tel 03-6383-2822

     

    HP

    高円寺店

    http://koenji-chillchair.com/

    吉祥寺店

    https://kichijoji-chillchair.com/

     

    Instagram

    https://instagram.com/koenji_chillchair/

     

    facebook

    http://www.facebook.com/koenji.chillchair/

     

    twitter

    https://twitter.com/chillchairs/

     

     

    LINE@(メッセージ予約可能!)

    http://line.me/ti/p/@zjs1976g

     

     


    | 1/68PAGES | >>